恵み Grace

Grace 25th

二十五日の「ドア」の意味は、マリヤとヨセフがベツレヘムへ旅して着きました。そこで世の罪を取り除く神の小羊と呼ばれる救い主イエスがお生まれになりました。

「私たちはみな、この方の満ち満ちた豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを受けたのである。というのは、立法はモーセによって与えられ、恵みとまことはイエス・キリストによって実現したからである。」ーーーヨハネ1:16,17

The meaning of the 25th ‘door’ is Mary and Joseph’s journey to and arrival at Bethlehem. There the Lamb of God who takes away the sin of the world, the Saviour Jesus was born.

“From the fulness of his grace we have all received one blessing after another. For the law was given through Moses; grace and truth came through Jesus Christ.”—John 1:16,17

敬虔 Godliness

Grace 24th

二十四日のドアには敬虔の年配の方が立っています。

「しかし、満ち足りる心を伴う経験こそ、大きな利益を受ける道です。私たちは何一つこの世に持って来なかったし、また何一つ持って出ることもできません。」ーーー1テモテ6:6,7

At the 24th door stands a godly man full of years.

“But godliness with contentment is great gain. For we brought nothing into the world, and we can take nothing out of it.”—1 Timothy 6:6,7

赦し Pardon

Grace 23rd

二十三日はドアではありません。ブルーシートをめくってから、赦しを見ます。

「悪者はおのれの道を捨て、不法者はおのれのはかりごとを捨て去れ。主に帰れ。そうすれば、主はあわれんでくださる。私たちの神に帰れ。豊かに赦してくださるから。」ーーーイザヤ55:7

The 23rd is not a door at all, just a blue sheet pulled back to reveal “pardon”.

“Let the wicked forsake his way and the evil man his thoughts. Let him turn to the LORD, and he will have mercy on him, and to our God, for he will freely pardon.”—Isaiah 55:7

知識 Knowledge

Grace days 22nd

 

二十二日のドアの中に立っているのは年配の方、知識です。

「こういうわけですから、あなたがたは、あらゆる動力をして、信仰には徳を、徳には知識を、知識には自制を、自制には忍耐を、忍耐には敬虔を、敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。」ーーー2ペテロ1:5-7

Within the 22nd door stands an aged person, knowledge.

“For this very reason, make every effort to add to your faith goodness; and to goodness, knowledge; and to knowledge, self-control; and to self-control, perseverance; and to perseverance, godliness; and to godliness, brotherly kindness; and to brotherly kindness, love.”—2 Peter 1:5-7

希望 Hope

Grace days 21st

二十一日のドアは海へ!

「患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。」ーーーローマ5:3-5

The 21st door leads to the sea!

“Suffering produces perseverance; perseverence, character; and character, hope. And hope does not disappoint us, because God has poured out his love into our hearts by the Holy Spirit, whom he has given us.”—Romans 5:3-5

信仰 Faith

Grace 20th

二十日の門を開くと中を覗くと信仰が見えて来ます。

「信仰も、もし行ないがなかったなら、それだけでは、死んだものです。さらに、こう言う人もあるでしょう。あなたは信仰を持っているが、私は行ないを持っています。行ないのないあなたの信仰を、私に見せてください。私は、行ないによって、私の信仰をあなたに見せてあげます。」ーーーヤコブ2:17, 18

Opening the 20th gate and peeping in we see faith.

“Faith by itself, if it is not accompanied by action, is dead. But someone will say, “You have faith; I have deeds.” Show me your faith without deeds, and I will show you my faith by what I do.”—James 2:17, 18

ほむべき Praiseworthy

Grace 19th

十九日のドアに書いているのは「ほむべき」です。何がほむべきでしょう。

「それを私たちは彼らの子孫に隠さず、後の時代に語り告げよう。への賛美と御力と、主の行なわれた奇しいわざとを。」ーーー詩篇78:4

Within the 19th door is written “Praiseworthy”. What is most praiseworthy?

“We will not hide them from their children; we will tell the next generation the praiseworthy deeds of the LORD, his power, and the wonders he has done.”—Psalm 78:4

すばらしい Excellent

Grace days 18th

十八日のドアの中にはなにか素晴らしいことで喜んでいる人います。何でしょうか。

「また私は、さらにまさる道を示してあげましょう。。。 こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。」1コリント12:31、13:13

Within the 18th door is someone rejoicing at something excellent. What?

“And now I will show you the most excellent way…. And now these three remain: faith, hope and love. But the greatest of these is love.

評判の良いこと Admirable

Grace 17th

十七日のドアの中にはりっぱなこと(評判の良いこと)があるでしょう。

「。。。すべての評判の良いこと、そのほか徳と言われること、称賛に値することがあるならば、そのようなことに心を留めなさい。」ーーーピリピ4:8

Within the 17th door we find something or someone admirable.

“…whatever is admirable—if anything is excellent or praiseworthy—think about such things.”—Philippians 4:8

愛すべき Lovely

Grace 16th

十六日のドアを開くと愛すべき猫が待っています!愛すべき行動はなんだろう?。。。

「すべての真実なこと、。。。すべての愛すべきこと、。。。そのほか徳と言われること、称賛に値することがあるならば、そのようなことに心を留めなさい。」ーーーピリピ4:8

Waiting at the 16th “door” is a lovely cat. I wonder what lovely deeds look like…

“Whatever is true, … whatever is lovely,…if anything is excellent or praiseworthy—think about such things.”—Philippians 4:8

Again apologies for the repeated use of this lovely verse. It bears repeating, doesn’t it?